メインイメージ画像

レンタルの際には遅延に注意する必要があります

レンタルは便利なものですが、レンタルでは、たまに遅延が大きなポイントになります。本来物品を借りる場合は、必ず期日が設定されるのです。例えば、レンタル期間が7日間になっているとします。その時は、1週間以内に返す必要があるのです。10日後や2週間後などではないのです。

ところで人によって、たまにその期日に遅れてしまっている事があります。理由はそれぞれですが、うっかり期日を忘れてしまっているケースもあれば、個人的な事が忙しくて期日に間に合わなくなっているような事例もあります。

では期日に間に合わなかったとしたらどうなるかというと、割増料金が発生する事になるのです。元来レンタルというサービスは、必ず利用料金があります。1日につき300円などと、金額が設定されている訳です。それで例えば、上に記したように、10日後にようやく返却できたとします。その場合、割増の料金を支払うケースが一般的です。その割増が50パーセントと決まっている時は、1日につき金額が450円になります。

この例では3日間過ぎているので、1350円支払う必要があります。つまり遅延すると、それだけ多くの料金が必要になってくる訳です。ですからレンタルのサービスを利用する時には、遅れが発生しないよう注意する必要があります。

特別に気をつけなければならないのが、その超過日数がかなり長期間にわたる時です。上記の事例では3日程ですが、1ヶ月あるいは1年ほど超過すると、それだけ多くの料金支払いなどが発生する事になります。450円の1ヶ月分は、だいたい13000円前後になるのです。

それだけ多くの料金支払いが必要になってしまう訳です。

ですが、たまに例外もあります。普通上記のような期日が設定されている訳ですが、ごく稀に遅延がすごく長くなっている事もあるのです。事例は少ないですが、1年以上の延滞が発生していたりもします。その場合は例外的に、前述した割増料金が発生しない事もあります。ただしそのような場合は非常に少なく、基本的に上記の450円のような金額の支払いが必要です。

更新情報